初心者にも上級者にも役立ちそうな、ゴルフスイング動画とゴルフレッスン動画をピックアップして掲載しております。 ゴルフ上達のために、よいゴルフスイングをするコツは、まずプロなどの上手なスイングやゴルフプレーを見て学ぶことです。 ぜひ、100切り目指して、ゴルフ仲間やまわりからも一目おかれるような存在になれるよう、ご参考いただければ幸いです。

ゴルフレッスン動画

ゴルフレッスン動画をご紹介しております。

【中井学ゴルフレッスン】アイアン①打ち方の基本

ゴルフ初心者の場合、アイアンショットが上手く打てない人は多いものです。 ティアッ …

【長岡プロのゴルフレッスン】ドライバーの打ち方

『長岡プロのゴルフ知識』 - http://www.443-golf.com/ …

ゴルフレッスン① グリップ・スイング基礎

lesson 1 スイングの基礎 lesson 2 フルスイング25:00~ v …

【ゴルフレッスン】上田桃子伝授! 力が正しく伝わる下半身の使 …

【ゴルフレッスン】上田桃子伝授! 力が正しく伝わる下半身の使い方 正しく体を動か …

【ゴルフレッスン】飛ばしの極意! 飛距離に悩む人必見!

【ゴルフレッスン】飛ばしの極意! 飛距離に悩む人必見! 考え方を少し変えるだけで …

【ゴルフレッスン】上田桃子伝授! 手打ちを防ぐグリップを身に …

【ゴルフレッスン】上田桃子伝授! 手打ちを防ぐグリップを身に着ける これを観に付 …

ゴルフレッスン④ バンカーショット・ドライバー

lesson 7 バンカーショット lesson 8 ドライバー 25:00~ …

【中井学ゴルフレッスン】スイング①ドライバーで転がそう!

ゴルフスイングを難しいものにしてしまう最大の原因は、「振る」という能動的なイメー …

【ゴルフレッスン】ピンまで28ヤードのアプローチ 片岡大育の …

【ゴルフレッスン】ピンまで28ヤードのアプローチ 片岡大育の極意 プロゴルファー …

日本一のゴルフレッスンプロ・桑田泉の「常識破りの上達法」クォ …

あなたのゴルフの悩みを解決する、「常識破りの上達法」とは?⇒http://m-m …

ゴルフ レッスン

ゴルフ代の捻出をサポート → 【関連動画】 ・女子ゴルフ新セクシー・ショット し …

スライスが直る!ドライバー寸止めドリル【藤井誠ゴルフレッスン …

ドライバーで悩んでいる人にヒント!スライスが直るきっかけになるはず。 大切なのは …

【長岡プロのゴルフレッスン】パターの転がりを良くする練習方法

パターの時大事な事はボールを順回転で転がすこと。そのためにはパターのど真ん中でボ …

【ゴルフレッスン】UTの使い手 片岡大育のテクニックを紐解く

【ゴルフレッスン】UTの使い手 片岡大育のテクニックを紐解く 宮里藍以外にユーテ …

G1オーストラリアゴルフレッスン参加者のスイング 3月編

ゴールドワン ゴルフスクール http://www.goldonegolfsch …

【長岡プロのゴルフレッスン】アイアンの打ち方

他のレッスン動画をご覧になりたい方は『長岡プロのゴルフ知識』 - http:// …

ゴルフレッスン② プレーの心構え・パッティング

lesson 3 プレーの心構え lesson 4 パッティング25:00~ レ …

【ゴルフレッスン】笠りつ子直伝 曲がらないドラーバーショット …

【ゴルフレッスン】笠りつ子直伝 曲がらないドラーバーショット! 女子ゴルフ界でも …

ゴルフレッスン③ ピッチショット・チップショット

lesson 5 ピッチショット lesson 6 チップショット25:00~ …

ゴルフスイングの基本動作


1.グリップの基本

左手は指3本、右手は指2本だけで軽く握るようにします。

ゴルフクラブは指ではコントロールしませんので、親指と人差し指には力を入れないようにしましょう。

親指はゴルフクラブのグリップの真上に来ないのが正解です。



2.セットアップの基本(アドレスの姿勢)

肩幅程度まで両足の幅を保つスタンスを取ります。

膝はシューズの靴ひもの上に来るイメージで軽く曲げます。

両足は、ターゲットラインと平行にします。

骨盤と背骨、首、頭は真っ直ぐにして、お尻を突き出し、骨盤から前に傾けましょう。

腕には力を入れず、自然に降ろします。

ゴルフシャフトと左手前の腕の角度を約144度になるようにして、前傾角度からゴルフボールまでの距離を調整しましょう。

ゴルフボールは、体の正中線より左側に来るようにします。

さらにボール位置は、基本のゴルフスイングが決まってから調整しましょう。

体重移動を左右にしながら、体全体に力を入れずリラックス状態で、目標に集中します。



3.バックスイングの基本

クラブシャフトが水平になるまでワンピース・テイクバックを行います。

手と手首、腕、胸の相対位置は動かないようにして、足も動かさずに、前傾姿勢で背骨を中心に、シャフトが水平になるまで回転させます。

水平を過ぎたら、クラブヘッドの慣性運動に従ってコック動作を行いながら、腕を振りあげて、体をねじります。

左腕が水平になった時に、クラブは空(真上)を向いているようにします。

このとき、フライパンの持ち手を両手でグリップし、手前側に手首のみで傾けるといったコック動作です。



4.ダウンスイングの基本

ねじれた下半身を元に戻す動きによって、上半身のねじれが解け始め、その上半身に引っ張られるように腕が動き出します。

このとき、コックした手首は、そのままを保ちます。

グリップからダウンスイングまでの動作を正しく行うことができれば、インパクト直前にハンドファーストの形に自動的になっています。

ゴルフクラブの回転が速くなると、ゴルフクラブのヘッドの遠心力に引っ張られ、手首のコックが自然に解けてきます。

完全にコックが解けるのは、ゴルフボールの位置か、数cmゴルフボールより目標側にしましょう。

この位置がゴルフクラブのヘッドが最高速点に達するときです。



5.フォロースイングの基本

インパクト直後に、コック動作を再度行います。

右腕が水平になった時、ゴルフクラブは真上を向いています。

左腕がバックスイングで水平になった時と、右腕がフォロースイングで水平になった時、体の形は鏡像の関係です。

フルスイングの前に、ハーフスイングが基本です。ハーフスイングがマスターできて初めて、その応用であるフルスイングが出来るようになるといえます。まずは、基本のハーフスイングを十分にマスターしましょう。

とにかく基本スイングは体に覚えさせることが重要です。